• ホーム
  • 潤滑ゼリーでもダメな場合最終手段として処方薬を

潤滑ゼリーでもダメな場合最終手段として処方薬を

2020年02月19日

勃起不全の方が性交をする手段として潤滑ゼリーを使う方法があります。
潤滑ゼリーとは女性の性器の中に入れるもので、勃起不全の陰茎でも入れやすくなりスムーズに性交できます。
最近では使いやすいタイプが販売されており、液だれせずベッドを汚すこともありません。
またスムーズ入れられますので性交するときの痛みも解消されます。
男性の勃起不全だけでなく女性があまり濡れていないときにも利用で切るのがいいところです。体に悪いものではありませんので安心して利用できます。
主に通販で販売されていますが精力剤などを販売しているお店でも陳列されています。
しかしこれも勃起不全で性交できない場合は最終手段として処方薬を使うのもいいでしょう。
勃起不全の治療薬のことですが病院で医師による診察を経て処方されます。
一般の病院での処方もありますがメンズクリニックでは色々な種類を用意しているため、最初から薬をもらうことが目的ならメンズクリニックに行くのがいいでしょう。
大体は診察が終われば院内処方をしてもらえますが処方箋を持って行けば処方箋薬局でもらうこともできます。
これが最終手段と言われるのは勃起を高い確率で実現してくれるからです。
これで勃起しなければ他には手段が無いというほどのものですので期待していいでしょう。
勿論勃起不全薬と潤滑ゼリーと同時に利用しても構いません。以前よりも少しでも陰茎が硬くなれば潤滑ゼリーのサポートで挿入できるようになるかもしれません。以前よりも満足度の高い性交ができます。
最終手段とは言っても薬を水と一緒に飲むだけですし特に難しいものではありません。
手っ取り早く勃起不全を解消したい方は早いうちから使っています。